goto_title

HOME > 後藤純男リトグラフ館
gotomenu01-1 works01
  • enokibanner
  • gotobanner
  • kudobanner
  • shojibanner
  • shiromotobanner
  • hiratsukabanner
goto_museum

九州芸術の杜に芸術の杜の中ほどに位置する日本画家 後藤純男リトグラフ館です。
平成26年5月10日に常設美術館として開館。

goto_subtitle01

1930年-2016年 千葉県生まれ。16歳で山本丘人に師事、のち田中青坪のもとで日本画を修業。1952年 院展で『風景』が初入選。その後、日本美術院賞(大観賞)や内閣総理大臣賞など多くの賞を受け日本美術院の中心的な画家として活躍。
1988年から1997年まで東京藝術大学教授として後進を始動。平成28年 東京藝術大学名誉教授となる。2006年 春の叙勲で「旭日小綬章」を受章。
2016年第72回日本芸術院賞・恩賜賞を「大和の雪」が受賞。上富良野町特別名誉町民、千葉県流山市名誉市民となる。2016年10月18日永眠 。

pagetop_btn01

goto_subtitle02

日本の伝統文化である日本画。日本の美術界を代表する日本画家後藤純男のリトグラフ作品を展示する美術館です。純金やプラチナをはじめ自然の鉱石を使う天然岩絵具で色鮮やかに描かれた日本最高峰の作品を展示しています。

  • enokiillust01
    「春映富士」
  • enokiillust02
    「新雪嵐山」